牧之原の開墾の歴史

「徳川家臣団と周辺村人との対立」

中條景昭

菊川文庫文学講座「郷土の歴史講座」2006年度
講師:北原 勤先生
この講座では古文書を読みながら郷土の歴史を勉強する。

大政奉還

大政奉還(たいせいほうかん)とは、江戸時代末期の1867年11月9日慶応3年旧暦10月14日)に、江戸幕府第十五代征夷大将軍徳川慶喜が、大政(統治権)の朝廷天皇)に対する返上を申し出た政治的事件である。

薩摩藩長州藩薩長同盟を結び倒幕運動を推し進めていた幕末も大詰めの時期、公議政体論を主張し将軍の政権返上を政治路線として考えていた土佐藩は、1867年(慶応3年)10月3日に将軍・徳川慶喜に大政奉還の建白書を提出した。慶喜は京都・二条城に在京諸藩の藩主・家老職を招集し、そこでの会議で大政奉還の上奏文の提出を決定、11月9日(旧暦10月14日)に朝廷へ上奏文を提出した。そして翌11月10日(旧暦10月15日)、朝廷は上奏文を許可し、大政奉還が成立した。

おりしも、倒幕派公家の岩倉具視らによって討幕の密勅が発せられようとしていたときである。慶喜は、大政奉還により先手を打ち、この動きを未然に防いだ。慶喜は征夷大将軍職も返上するが、慶喜は一旦は形式的に政権を手放すも朝廷側の公家には政権を担う能力がなく、いずれ徳川幕府が実質的に政権運営を担い実権を握れると考えていた。

またこの時点で倒幕派が朝廷内の主導権を握っていたわけではなかった。前年、親徳川派の孝明天皇が崩御したものの、即位した明治天皇は未だ年少で、親徳川派の関白・二条斉敬が約80年ぶりとなる摂政に就任していた。朝廷内には二条家を含め支配的な力を持つ五摂家があり、一時期は近衛家が親薩摩、鷹司家が親長州となっていたが、この頃には徳川家支持に傾いていた。一方三条実美ら過激長州派公家は文久3年8月18日の政変以来廟堂から追放されたままであり、岩倉ら少数の倒幕派公家は家柄が低くそれなりの影響力はあっても朝廷の主導権を握ってはいなかった。つまり朝廷は、親徳川の二条や中川宮朝彦親王らによって主導されていたのであり、先の倒幕の密勅は摂政・二条の手を経ない偽勅で、主導権を持たない倒幕派の非常手段として画策されたものであった。

大政奉還によりその後の朝廷の下の新政権も徳川家主導のものになることが当然予想され、倒幕派はクーデターにより征夷大将軍はもちろんのこと、摂政・関白その他従来の役職を廃止して朝廷から親徳川派を排除し、天皇親政の新体制(建前上は、摂関政治以前の本来の体制である天皇親政に復古することでクーデターを正当化)の下で討幕派公家および薩長藩閥が実権を掌握することを目指すことになる(王政復古)。

この大政奉還と王政復古によって、江戸幕府が滅ぶと同時に鎌倉幕府以来の武家政治も滅んだ。二極状態にあった日本の国家体制は権力の所在が明確になり、当時の諸外国からも評価されていた。

鳥羽・伏見の戦い

鳥羽・伏見の戦いとば・ふしみのたたかい, 慶応4年1月3日-6日グレゴリオ暦1868年1月27日-30日))は、戊辰戦争の緒戦にあたり、京都南郊の上鳥羽(京都市南区)、下鳥羽、竹田、伏見(京都市伏見区)で行われた戦いである。

慶応3年末、薩摩藩大久保利通や公家の岩倉具視らの働きで発せられた王政復古の大号令により、大坂に退いていた前将軍徳川慶喜に対し辞官納地が命ぜられた。さらに薩摩藩が江戸市街で挑発的な破壊工作を行うと、慶喜の周囲では「討薩」を望む声が高まり、慶喜は軍事的な京の封鎖を試みた。旧幕府軍主力の幕府歩兵隊鳥羽街道を進み、会津藩桑名藩の藩兵、新選組などは伏見市街へ進んだ。

慶応4年正月3日の夕方に、下鳥羽付近で街道を封鎖する薩摩藩兵と大目付の滝川具挙の問答から軍事的衝突が起こり、鳥羽での銃声が聞こえると伏見でも衝突、戦端が開かれた。鳥羽では総指揮官の竹中重固が不在や滝川具挙の逃亡などで混乱し、伏見では奉行所付近で佐久間近江守信久窪田備前守鎮章ら幕将の率いる幕府歩兵隊、会津藩兵、土方歳三率いる新選組の兵が新政府軍の小銃火力に敗れた。なお、この戦闘の最中、新選組結成時からの主要幹部隊士の一人であった井上源三郎が戦死するが、彼の甥である井上泰助が源三郎の首を持ち帰ろうとしたものの、あまりの重さのために仲間の隊士から諭されて、戦場の近くの寺院の境内に源三郎の首を埋葬したというエピソードが伝わっている。

旧幕府軍は淀藩主(京都市伏見区)稲葉正邦(慶喜の側近の一人で現職の老中)を頼って、淀城に入り建て直しをはかろうとした。しかし淀藩は新政府と戦う意思がなく城門を固く閉じ、旧幕府軍の入城を拒んだ。このため旧幕府方は15,000人の兵力を擁しながら緒戦にして5,000人の新政府軍に敗れた。翌4日も戦闘が続き、5日になると明治天皇が仁和寺宮嘉彰親王錦旗を与え、新政府軍が官軍となる。これにより日和見を決めていた鳥取藩、山崎にいた津藩兵などの諸藩が新政府軍に付いた。このため、旧幕府軍の劣勢は決定的になった。

8日、開戦に積極的で無かったとされる慶喜は大坂城におり、旧幕府軍の敗戦が決定的となり、7日には慶喜に対して追討令が出た報を聞くと、その夜僅かな側近及び老中・板倉勝静、会津藩主・松平容保・桑名藩主・松平定敬と共に密かに城を脱し、大阪湾に停泊中の幕府軍艦開陽丸江戸に退却した。旧幕府軍の総大将の徳川慶喜の撤退と、新政府軍の砲兵力、新政府軍の優勢により多くの藩が旧幕府軍を見限ったことで、旧幕府軍の全面敗北となった。以後、戊辰戦争の舞台は江戸市街での上野戦争や、北陸地方東北地方での北越戦争会津戦争箱館戦争として続く。

徳川慶喜への隠居令

1868年(慶応4年)閏4月29日 徳川慶喜への隠居令が出た。
家督を田安亀之助(徳川家達)へ譲る。
朝敵の汚名を着せられた慶喜は、江戸城を出て上野寛永寺に移り、恭順謹慎の態度を示しました。何も語らず貝のように口を閉ざし、その態度をずっと貫き通したのです。
慶喜が謹慎しているさなかの4月11日、ついに江戸城無血開城となり、江戸の街は戦火から免れることができました。そのとき慶喜はすぐさま江戸を離れて水戸に赴きます。しかしそこでも彼は謹慎し続けました。のちに水戸から静岡に移りますが、それでも謹慎を貫きました。もし慶喜が一声号令を発すれば、幕府軍や諸藩はその旗の下に集まったに違いないのですが、彼は決してそうしようとはしませんでした。

実は、慶喜は早い段階から日本の分裂をねらう外国勢力の存在に気づいていたと言われます。慶喜が京都から江戸に帰ってきたとき、フランス公使のロッシュが訪ねてきて、「フランスが軍事的にも経済的にも協力するから、薩長をやっつけろ」とけしかけますが、慶喜はそれをきっぱりと拒否しています。そのほかにも将軍職に就いてから、数多くの外国要人たちと会っていろいろな折衝にあたっていました。

 慶喜はすでに、甘言を弄し虎視眈々と漁夫の利をねらっている者たちの気配を感じ取っていたのです。ですから、慶喜の頭にあったのは、幕府がどうとか薩長がどうとかいう問題ではなく、「日本の存立」ただ一念だったのです。そして、日本人同士が争うという愚かな行為だけは何が何でも避けたかったのです。

 そうして、明治維新を迎え、やがて大日本帝国憲法ができあがったときには、彼はそのことを大変に喜んだといいます。日本の国体を踏まえ、諸外国と比べて遜色のない、近代国家としてのさまざまな要件を整えた憲法ができあがった、このことに慶喜は大変満足したといいます。

駿河府中藩に70万石下賜

1868年(慶応4年)閏5月24日に明治新政府は徳川を絶滅することはなく、駿河府中藩として70万石を下賜した。 しかしそれまでが700万石であったものが十分の一に大減俸であるから、大変なこととなった、大リストラをせざるを得ない状況となった。
その年の8月〜10月にかけて徳川家臣団が静岡の地へ移住が行われた。

慶喜警護の精鋭隊結成

1868年(慶応4年)閏2月24日 中條景昭(ちゅうじょうかげあき)を中心として慶喜を護衛するという目的で精鋭隊を結成。 慶喜と行動をともにして上野寛永寺、水戸、静岡へ移住。
閏9月29日には「精鋭隊」の名称を「新番組」に変更。 さらに1869年(明治2年)に「新番組」から「開墾方」に名称変更をしている。

開墾方

中條景昭隊長以下数百名の隊員たちは、半年ほどのあいだ久能村(現清水市)に住んでいましたが、協議の末、牧之原開拓に入ることを当時の静岡藩大参事の平岡丹波、藩政補翼の勝安房らに申し入れました。後に伝えられた勝海舟座談によれば、このとき中條は、「聞くところによると遠江国の金谷原はギョウカク不毛の土地で、水路に乏しく、民は捨てて顧みざること数百年に及んでいる。若し、我輩にこの地を与えてくださるならば、死を誓って開墾を事とし、力食一生を終ろう」 と誓い、その志が通じて勝らの協力が約束され牧之原入植の方針が決まったといいます。その後、江戸留守居関口隆吉、松岡万など、現地の事情に通じた人々に検討され、士族の開墾方としての身分を得ました。中條の言葉にあるように、牧之原は広大な面積があるばかりでなく、幕府直領として放置されていた土地であったことが開墾の許可を容易にしました。
 明治2年7月、家達の許可を得て、中條らは「金谷原開墾方」と称して牧之原荒野の開墾を開始します。約250戸の元幕臣たちが牧之原へ転住し、1,425町歩の開墾を始めました。当時、組頭(隊長)中條は42歳、頭並(副隊長)大草太起次郎は34歳で、開墾方には先輩格が38名、30歳未満の者が160名と若年の者が多く、身分の高い武士もいれば能楽師もいました。これらさまざまな人々2百名余を昨日までの地位身分に関係なく、農耕開拓団として統率していかなければなりません。中條ら開墾方の首脳たちは、この開墾組織を運営していくにあたって多くの仲間をまとめ、さまざまな取り決めや仕組みをつくりあげていった優秀なリーダーであったことがわかります。入植に不安を抱いて脱落する者も多い中で、中條ら幹部は着々と開拓を進め、明治4年には造成した茶園は500ヘクタールに達しました。(これには、明治4年に入植した川越人足や農民の開墾も含まれると思われます。)

勝海舟

近隣村落住民と開墾方との対立

静岡藩から開墾方に与えられた、牧之原の面積は1425町歩、武士方の戸数は200余戸で、そこへ、1870年(明治3年)に、血気盛んな「彰義隊」84戸が加わって、合計300戸あまりにまで膨れ上がった。 同じ武士であっても、最初からの開墾方と元彰義隊とは考え方の違いもあり、運営方法等で、かなりのもめごともあったそうである。

近隣の村人達にとっては、迷惑な話で、武士達とは全く違う世界で、そうとうな気苦労があったであろう。 なにせ相手は武士である。 脅されたら反抗しずらい、結局、武士の勝手な横暴な要求に無き寝入りさせられていく。 その辺りの状況が古文書に残されている。

(1)最初の対立は、土地問題である。
傾斜地(山際)は村々の秣場(まぐさば)(まぐさを刈る草生地。そのほとんどは入会地で、地域の住民が共同で使益した)を武士達から脅しと勝手な論理で奪い取られていく。 村人にとっては必須な場所で、結局そのような土地は金銭で開墾方から買い戻す羽目に落ちていく。

(2)次ぎの対立は、雇用者(武士)対被雇用者(農民)であった。
武士達は、結局は農業は無理であった。 牧之原の荒地を農業知識も経験も馴れもないものにとっては、所詮は無理な現実であった。 そこで武士達は、農民に協力してもらうことを考え始めた。 いわゆる、農民を小作人として雇い、小作料を巻き上げる仕組みを実行した。
ところが、中には百姓は只働きが当然とばかりに、約束を反古にしたりして、賃金問題が多発したのである。

このように、多くの村人は泣き寝入り状態で被害を蒙ったが、なかには、憤然と立ち上がり、勇気と熱意で静岡藩と直談判をして、被害を少なくした村もあった。
倉沢村の岩沢喜七、堀太郎をリーダーとして立ち上がり、86町歩の土地の内、40町歩を取り戻すことに成功した。 また沢水(さばか)村の山田啓次郎・万吉の親子二代で頑張り、108町歩を全部、武士達から取り戻したという快挙もあったという、村には今日でも、彼らの村への貢献を感謝した碑が建っているそうである。

古文書によると、開墾方は農民との対立だけでなく、金谷の町の商人達とも、もめごとがあった記録がのこっている。
  しかし、結局のところ、武士は牧之原の田舎暮らしには無理だったようで、300戸もあった武士団も、土地を売って他所へ出て行ってしまったそうで、現在時点では3戸だけが残っているそうである。 その土地は近辺村落の次男・三男が買ったそうである。