江戸時代の時間
午前
午後

1日を2時間ごとに区切り干支(深夜12時から午前2時までが子の刻。以下、丑の刻、寅の刻…と続く)で表現する方法が始まったのは戦国時代である。ただ、時間の最小単位が2時間では何かと不便なので(待ち合わせなどするにも大変不便)、1時間を指す時は上刻、下刻で表現していた。このやり方だと、例えば「丑の上刻」であれば、午前2時から午前3時までの間になる。

江戸時代にもっと細かい時間を言う場合は、干支を使った呼び方を用い、干支と干支の間の2時間をさらに3つに分けて(戦国時代は2つだった)、上刻(△時00分〜40分)、中刻(△時40分〜80分)、下刻(△時80分〜□時00分)と呼んだ。これだと、例えば、「丑の上刻」と言えば、午前2時から2時40分までの間になる。

「草木も眠る丑三つ時」などと言う時は、干支と干支の間の2時間をさらにさらに細かく4つに分け、丑一つ(2:00〜2:30)、丑二つ(2:30〜3:00)、丑三つ(3:00〜3:30)、丑四つ(3:30〜4:00)となり、丑三つ時は午前3時から3時半ということになる。なお、子の刻を午後11時〜午前1時とする説もあり(広辞苑ではこちらを採用)、この場合は丑三つは午前2時〜2時半の間ということになる。

夏至の時刻(東京)
冬至の時刻(東京)

江戸時代の日本では、現代の定時法と異なる不定時法が使われていました。
 定時法とは1日を24時間に等分割し、時間の長さは季節に依らず一定な現代の時間法です。一方、不定時法とは、夜明けから日暮れまでの時間を6等分する時間法で、 江戸時代 以前に使われてきた時間概念です(注1)。
 日出と共に起き日没と共に寝る昔の生活に根ざした時法ですが、季節により昼夜の長さが変わるので時間の長さが変わってしまいます。不便なようですが時計のない人にとっては太陽の高さで大体の時刻がわかるので却って便利です。

注1) 昼夜の境界の定義:   掌が識別できる程度の薄明かりがある時点を昼夜の境として
                   いましたので、現代の太陽が地平線に出る時刻より36分前後を
                   夜明け、日暮れと定義していました(1684年の貞享暦〜)。
                    その後の寛政暦(1797年〜)では、季節により薄明かりの時間が
                   変わる事を考慮して、太陽が地平線より7度21分40秒下にある時
                   と改めれられました。

                   これらの時間帯は、現代人から見ると相当暗く感じられるます。
                   一度確かめられては如何でしょうか。

時楼

日本最古の時計
(久能山東照宮)

 夜鷹蕎麦が夜、街を流している。呼び止めると、出来るものは花巻としっぽく。熱いしっぽくを頼み、見ると行灯の柄が”当たり矢”縁起がいいと誉める。話しているとすぐに蕎麦が出てくるので、「江戸子は気が短いので、早くてイイ」と。見ると割り箸。「きれい事で良いナ、その上、器が良い、臭いも良い、俺はソバッ食いだから分かる、わざわざ永坂まで食いに行くんだゼ」「蕎麦はこう細くなくっちゃいけね〜、うどんじゃねぇーんだから、その上、腰がきいてるゼ」「それから竹輪をこんなに厚く切っても良いのかィ。それに本物じゃネェーか、竹輪麩なんかまがいもんで病人が食うもんだ。」「夜鷹蕎麦にしては出来過ぎだ、ナァ」おつゆまで全部飲みきり、一人で褒めちぎっておいて、「いくらだイ、16文か、銭は細かいけど良いかい」「それでは、ひい、ふう、みい、・・・なな、や」と数えたところで「今、何刻(なんどき)だ」「九つで」「十、十一、十二・・・十六」と、一文かする。
 それを見ていた、日当たりの悪いところで、ボーと育ってしまった、安直な江戸っ子が、それをまねしたくて翌日、小銭を用意して早くから蕎麦屋を待つと、前日の蕎麦屋とは反対に、なかなか蕎麦が出てこない。割り箸は割れて先が濡れている。どんぶりは汚く欠けているし、つゆは・・「湯を入れてくれ」。蕎麦はうどんのように太く、ぐちゃぐちゃ。竹輪は名人芸のようにカンナで削ったように薄く、竹輪麩。ガッカリしながら食べ終わり、嬉しそうに金を払い始める。「それでは、ひい、ふう、みい、・・・なな、や」と数えたところで「今、何刻だ」「よつです」「いつ、むう、なな・・・」

落語「時蕎麦」

「お江戸日本橋」

お江戸日本橋 七つ立ち
初のぼり
行列そろえて
アレワイサノサ
コチャ 高輪(たかなわ)
夜あけて 提灯(ちょうちん)けす
コチャエ コチャエ

六郷(ろくごう)わたれば 川崎の
万年屋(まんねんや)
つるとかめとの
米饅頭(よねまんじゅう)
コチャ 神奈川
急いで 保土ヶ谷(ほどがや)
コチャエ コチャエ