10円硬貨

10円硬貨のページへ飛ぶ

50円硬貨

50円硬貨のページへ飛ぶ

1円硬貨

1円硬貨のページへ飛ぶ

5円硬貨

5円硬貨のページへ飛ぶ

リンク先一覧:

100円硬貨

100円硬貨のページへ飛ぶ
硬貨のページ
五百円硬貨

五百円硬貨は、日本政府発行の補助硬貨1982年4月に五百円紙幣の製造が中止された代わりに登場した。2000年にデザインと成分を一部改めたものが出されている。

登場当時はスイスの5フラン、ドイツの5マルク、スペインの500ペセタ硬貨と並び、高額硬貨として話題になった。その後ドイツやスペインでは通貨がユーロにかわり、スイスフランの相場が1フランあたり90円前後の現在では、記念硬貨などを除き、一般に流通している硬貨では世界で最も価値の高い硬貨である。

素材   :白銅
品位   : 72%、亜鉛 20%、ニッケル8%
量目   :7.00g
直径   :26.5mm
孔径   :なし
発行年:2000年(平成12年)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1982年に発行された五百円硬貨(以下 旧硬貨)と2000年に発行された五百円硬貨(以下 新硬貨)ではどちらとも表面にはが、裏面にはがデザインされており、外観上はあまり大きな差はないが、新硬貨では裏面の500の文字が角度によって「500円」の文字が浮かび上がるようになっているほか、「N」「I」「P」「P」「O」「N」と小さく刻印されている。また硬貨の外周は旧硬貨は「* NIPPON * 500 *」と繰り返しデザインされていたが、新硬貨では世界で初となる斜めのギザギザが入れられた。

材料も、旧五百円硬貨が銅75%、ニッケル25%だったのに対し、新五百円硬貨では銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%となった。これにより電気伝導率などが変わるため、偽造硬貨の検出が容易になった。

新旧硬貨は設計上は厚さが同一ということになっているが、実際には旧硬貨50枚用のコインキーパーに新硬貨が51枚収納できてしまう場合があるため、枚数の計算には注意が必要である。

新旧の硬貨の違い
硬貨偽造

五百円硬貨よりも後に発行された韓国の500ウォン硬貨(価値は日本円で約50円)が旧硬貨とほぼ同じ大きさであったがやや重かったため、ドリルなどを使用して穴を開けたり削ったりして質量を減らし、自動販売機で使用される例が後を絶たなかった。主に自動販売機の設計上の不具合(「返却レバー」によって返却される硬貨は投入した硬貨とは異なっていた)をターゲットとされていた。そのため、2000年に現在の硬貨に改められた。(また、自動販売機側も投入した硬貨を返却に備えプールしておくように構造が改められた。)

しかし、新硬貨になっても偽造は無くならず、ついには新硬貨さえもが偽造されてしまっている。

百円硬貨
素材   :白銅
品位   : 75%、ニッケル25%
量目   :4.8g
直径   :22.6mm
発行年:1967年(昭和42年)

百円硬貨は、日本政府発行の補助硬貨百円玉(ひゃくえんだま)とも呼ばれる。

表面には「日本国」と「百円」そしてが、裏面には「100」と製造年がデザインされている。側面にギザギザが103個ある。現在の100円硬貨は白銅貨であるが、1957年に戦後初めての銀貨として100円銀貨が発行された。この銀貨の品位は.600であり、当時製造原価は43円であるとされた。

変遷
五十円硬貨
素材   :白銅
品位   : 75%、ニッケル 25%
量目   :
4.0g
直径   :
21.0mm
孔径   :4mm
発行年:1967年(昭和42年)

五十円硬貨は、日本政府発行の補助硬貨五十円玉(ごじゅうえんだま)とも呼ばれる。

表面には「日本国」と「五十円」そしてが、裏面には「50」と製造年がデザインされている。穴の開いた形になっている。

昭和62年(1987年)のものは通常発行が無く、造幣局発売の貨幣セットにしか含まれていないため、全体数が77万5000枚しかなく、極めて貴重である。

変遷
十円硬貨
素材:青銅
品位: 95%、亜鉛 4% - 3%、スズ 1% - 2%
量目:4.5g
直径:23.5mm
発行年:1959年(昭和34年)

十円硬貨は、日本政府発行の補助硬貨十円玉(じゅうえんだま)とも呼ばる。

表面には「日本国」と「十円」そして平等院鳳凰堂が、裏面には「10」と製造年、月桂樹がデザインされている。1959年以前のものは側面にギザギザがあり、ギザジュウと呼ばれ、現在ほとんど流通していないので、コレクターのみならず一般的にも収集され(但し未使用の物でない限り、コレクション価値は無い)、未使用の硬貨は非常に高額のプレミアムがついて取引されている。この十円硬貨は、昭和26年(1951年)、昭和32年(1957年)、昭和33年(1958年)のものは希少である。ちなみに、鳳凰堂の上にいる鳳凰は、昭和27年(1952年)を含む以前の物は尾が上を向いている。昭和26年(1951年)に発行された十円硬貨は、手違いによりが混入されているものがあるという噂が流れ(しかしこの噂は本当であった)、同26年銘の10円硬貨を競って集めるなどという珍現象も生じた。

また素材がであるため、レモン汁をひたすと未使用硬貨のような光沢を放つため、古い硬貨をピカピカにするという子供の遊びがある。ただし、収集用とする際にこの方法を用いることは、却って酸化が早まるか緑青が発生したり、質量が減ったりなどし、著しく硬貨の質を落とすおそれがあるため厳禁である。

水たまりに、10円玉を入れておくとボウフラの発生を防ぐ効果があるといわれている。

変遷
五円硬貨
素材   :黄銅
品位   : 60% - 70%、亜鉛 40% - 30%
量目   :3.75g
直径   :22mm
孔径   :5mm
発行年:1959年(昭和34年)

五円硬貨は、日本政府発行の補助硬貨五円玉(ごえんだま)とも呼ばれる。「ごえん」が「ご縁」に通じるとして、縁起のいい硬貨として神社等への賽銭としてよく好まれる。

デザインされているの絵は、農業を表し、裏の木の芽は林業、水の絵は水産業、穴のまわりのギザギザは歯車の絵で工業を表している。直径は22ミリメートル。重さは3.75グラム、すなわちちょうど1であり、かつての1銭の重さと同じである。

漢数字のみでアラビア数字が無い、唯一の硬貨。消費税の導入などで、比較的よく見かける貨幣にもかかわらず、アラビア数字が書いていないことは、しばしば非漢字圏の外国人観光客の間で混乱をもたらす。

昭和33年以前のものは書体が楷書体になっている。中でも昭和32年は特に希少である。

変遷
一円硬貨
素材   :アルミニウム
品位   :アルミニウム 100%
量目   :1g
直径   :20mm
発行年:1955年(昭和30年)

一円硬貨は、日本政府発行の補助硬貨一円玉(いちえんだま)とも呼ばれる。硬貨の中で最も製造枚数が多い。

表面には「日本国」と「一円」そして「若木」が、裏面には「1」と製造年がデザインされている。

発行される前年の1954年、この一円硬貨と(旧)五十円硬貨のデザインが初めて一般公募された。40日間の公募期間で、一円硬貨だけで2,581点の応募があり、表の「若木」のデザインは当時京都府在住の中村氏のものが、裏の「1」のデザインは当時大阪府在住の高島登二雄氏のものが、それぞれ選ばれた。
ちなみに若木のデザインのモデルは特になく、特定のモデルがないからこそ却ってどの木にも通じる、という考え方である。

余談だが、一円硬貨1枚を製造するために必要なコストは2円程度である。

変遷

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

わが国の貨幣史

日本の貨幣史を開く

天正大判

日本の貨幣史を開く
日本の貨幣史を開く
(日本銀行兌換券 1899年)
日本銀行券(い十円券)(1943年)
  1. 江戸時代の金一両は今のお金のいくらくらいに相当するのですか?
  2. 江戸時代のお金の単位はどのようになっていましたか?
  3. 昭和○年の一円は今のお金のいくらくらいに相当するのですか?
  4. 五円玉や五十円玉にはなぜ穴があいているのですか?
  5. 日本の現行貨幣はどちらが表でどちらが裏ですか?
  6. 日本銀行券や貨幣に描かれている肖像や建物は何ですか?
    大きさや重さはどれくらいですか?
    また、それぞれの銀行券の発行開始時期および通用停止時期はいつですか?
  7. 日本銀行券の肖像は誰が決めるのですか?
  8. 現行日本銀行券にある印章にはどのような意味がありますか?
お金に関する Q&A

日本の貨幣史

金の相場(田中金属)