小島藩陣屋跡
小島(おじま)藩は11代続いた1万石の小大名であった。
が、幕末には借金が重なり夜逃げ同然で雲散霧消してしまったそうである。
時代の哀れを感じさせられる場所でもあった。 しかし高台の上からの景色は抜群で
下界を見渡せばまるで殿様気分に浸れる。 野外昼食にはもってこいの場所であった。
写真を拡大表示します(左クリックで)。

陣屋はその後小学校として使用され、やがて下の平地に移転され、現在は町の公民館として使用されているそうである。 この広大な土地(約5千坪)は平地の住民の代替地として個人所有の高台であるそうな!(-_-;) ここに別荘でも建てたらさぞかし!!(*^_^*)

写真を拡大表示します(左クリックで)。

城の石垣は、切積や野面積みで
わりかし長く続いており、小大名といえども、さすがにお城である。

写真を拡大表示します(左クリックで)。

城を周回散歩である。

写真を拡大表示します(左クリックで)。

「みかん」が実っていた。