桜えび

桜海老は、甲殻網サクラエビ科に属する体長わずか4〜5cmほどのエビです。 日中は水深400〜600mの中間層を群れをなしてゆっくり泳いでいるが、 夜間には餌とする動物プランクトンを追って表面に浮上する。腹面の発光器が 薄明かりの水面に対してカムフラージョ効果をもち魚類から身を守る。産卵期は 6〜8月で、1年1代であることから、遺伝学などの学問的見地からも世界的に 貴重な資源としても珍重されている。

静岡県・富士川河口から沖合にかけてが好漁場である。近隣の漁師達は、 桜海老の存在を古くは江戸時代から知っていたが、明治27(1894)年12月、 由比の2人の漁師が偶然のことから大量の漁獲方法を発見、以来、 漁法など幾多の近代化が行なわれ、今日の隆盛に至っている。 漁獲量は平成7年度約2,515トン、17億円、県下104の事業所によって素干し 煮干しむきえび、釜あげ等に加工され、県内外に出荷し、当地の主要産業を構成し、静岡県を代表する特産品と して名声を博している。 最近の研究では、単にカルシウム、マグネシウム、鉄、リンなどを豊富に含む海産物 としての評価のみでなく血中のコレステロールや動脈硬化予防に効果のある EPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)なども含まれると発表され、 栄養学的にも注目を集めている。

ゆい桜えび館のサイトを開く
ゆい桜えび館のサイトを開く

サクラエビ(桜海老・学名:Sergia lucens)は、エビ目 クルマエビ亜目 サクラエビ科に属するエビの一種。深海に生息する小さなエビで、食用に漁獲される。

体長は4-5cmほどの小型のエビである。体は透明だが皮膚に赤い色素が多く、水揚げすると綺麗なピンク色になり、「サクラエビ」の和名はここに由来する。さらに体表には160個ほどの発光器官が並んでいる。2対の触角のうち第2触角は体長以上の長さがある。額角は短い。

駿河湾及び近接の東京湾相模灘に分布する。また、台湾東方沖にも生息している。群れで生活していて、昼間は水深200mほどの深海に生息するが、夜には水深20-50mぐらいまで浮上してくる。海中を浮遊するデトリタスをとらえて食べる。いっぽう天敵はハダカイワシイカなどである。

産卵期は夏で、1匹のメスが2000個前後の卵を産卵し、卵は海中に放出される。寿命は15ヶ月ほどで、ふ化後1年で成熟し、産卵後2-3か月で死ぬとされる。

サクラエビ漁の歴史は浅く、明治27年(1894年)に由比の漁師が、アジの網引き漁をしていたときに網が深く潜ってしまいそのときに偶然にも大量のサクラエビが捕れたことが始まりとされている。

日本国内の水揚げ量の100%は駿河湾産で、主要な漁期は4-6月までと10-11月。6月11日-9月30日までは禁漁と定められている。

一般には干しサクラエビが流通しているが、釜揚げされたものもあるほか、生でわさび醤油で食べたり、釜揚げ、素揚げ、かき揚げなどにして食べる。しかし冷凍ではない生のサクラエビを静岡県中部地方以外で入手する事は非常に難しい。干しサクラエビには、独特の食感と味わいがあり、お好み焼きやかき揚げの具に使われる。

また、干しサクラエビをかき揚げなどの具に使う際、使用前にフライパンで軽く炒ると格段に香りが増すといわれ、このことはNHKためしてガッテンにも紹介された。

サクラエビの触角にはガン抑制効果があると言われている。

ためしてガッテンのサイトを開く

ためしてガッテン流料理法

牧野魚店(インターネット販売)

冷凍桜海老のかき揚げ料理法

(1)解凍方法
   流水解凍(必要な分だけザルに入れ、ボールを敷いて流水解凍する)
   時間にして4〜5秒程度でサー。
(2)流水解凍した「桜えび」に直接(水で練らない)てんぷら粉をふりかけ、よくかき混ぜ150〜160℃の油で3分程度揚げ、揚げたてに塩をふりかけて出来上がり。