(6)藤沢 ⇔ (0)日本橋
衛星写真 (30)舞阪、荒井、白須賀、二川、(34)吉田
旧国名を表示する

米の単位

米の単位を開く

江戸時代の時間

江戸時代の時間

江戸の物価

江戸の物価を開く

江戸時代の貨幣

江戸時代の貨幣のサイトを開く

二川宿(ふたがわじゅく)は江戸時代に設定された東海道33番目の宿場(→東海道五十三次)。現在の愛知県豊橋市二川町と大岩町に相当する。

1601年慶長6年)の東海道設定当初から三河国渥美郡二川村と大岩村の2村で宿場として人馬継立業務を担当していた。しかし小さな村であり、また1.3kmほど離れていたためしばらくすると負担に耐えられなくなった。江戸幕府1644年(正保元年)に二川村を西に、大岩村を東に移動させ二川宿と加宿大岩町として再構成させた。江戸の日本橋より西に723町 (単位)(約283キロメートル)に位置し、東の白須賀宿とは1里17町(約5.8キロメートル)、西の吉田宿とは1里20町(約6.1キロメートル)離れており、町並は12町16(約1.3キロメートル)の長さがあった(二川宿は6町36間、大岩町は5町40間)。二川宿には本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠が約30軒ほどあった。本陣は数度の大火に遭い、再建されてきたが明治後も取り壊されずに残った本陣の一部は1988年に改修・復原が行われ、また資料館が併設された。本陣一帯は豊橋市の史跡に、1807年以降の宿帳33冊は愛知県の有形民族文化財とされている。

明治維新後東海道沿いに設置された鉄道は通過するだけだったが、鉄道の便利さが認識された後、駅の請願がされ駅が増設され、旧二川宿と旧加宿大岩町の中間に二川駅が設置された。駅の位置が二川宿の西端と離れていたため、宿場町周辺の開発が殆どおこなわれず、現在も二川駅から神鋼電機豊橋工場あたりまでの約2km 余りに旧宿場町の面影を残している。

二川には、現在でも江戸時代の町割りがほぼそのままの状態で残り、東海道筋では滋賀県草津市の草津宿本陣田中家(国指定史跡)とここだけに現存する本陣の遺構があります。          
 旧本陣のご当主馬場八平三氏は、昭和60年に全国的にも貴重な歴史的建造物であるこの本陣遺構の永久保存と活用を願って、屋敷地を豊橋市に寄付されました。市では、これをうけて同62年に二川宿本陣を市史跡に指定し、翌年から改修復原工事に着手し、同時に二川宿ならびに近世の交通に関する資料を展示する資料館を建設し、二川宿本陣資料館として平成3年8月1日に開館いたしました。
 また、本陣東に隣接する旅籠屋「清明屋」は平成12年に倉橋家より寄附され、同14年より改修復原工事に着手し、同17年4月29日より公開いたしました。これにより、大名の宿・本陣と庶民の宿・旅籠屋をセットで見学できる施設となりました。あわせて資料館の増築、常設展の全面改装も行いました。

表門は、袖塀の付いた薬医門形式で、本陣を引き継いだ文化4年(1807)に建設されましたが、嘉永2年(1849)の主屋改造に続いて建て替えられ、翌3年12月に完成しました。本陣の正門で、大名などの宿泊の際には大名の定紋入りの幔幕を張り、高張提灯を掲げました。表門脇には番所が設けられ、大名が宿泊する際には不寝番が置かれました

主屋(板の間)
本陣を引き継ぐ以前の馬場家の主屋は、宝暦3年(1753)の大火後再建されたもので、文化4年本陣職を引き継ぐにあたり板の間・番所等を増設し、本陣としての体裁を整えました。主屋は、家族や使用人の居住部分と、利用者が使用する休泊部分に分かれていました。板の間には蔀戸が備えられ、街道から直接荷物を運び込むことができました。

主屋(勝手座敷)
通り庭から西側は、勝手と呼ばれる本陣家族や使用人の居住する部分で、なかでも座敷はその中心をなす部屋でした。また、通り庭を通って本陣背後にある土蔵に馬や荷物を運び込むこともできました。

書院棟(南面より)
書院棟は、玄関棟の南に接続して建ち、大名等が休泊する上段の間のある建物で本陣職引継ぎの際建設されました。上段の間と3部屋の次部屋、それを囲む入側等によって構成されていましたが、明治維新後工場建設のため取り壊されました。今回、馬場家に残る間取図や、柱穴の痕跡、現存する本陣等を参考に当時の姿に復原されました。

書院棟(上段の間)
上段の間は、大名等の貴人が休泊する部屋で、本陣の中で最も重要な部分でした。他の部屋より一段高くなっており、大床・付書院・御簾が付けられていました。

主屋・玄関棟・書院棟・東西土蔵・鍬蔵
 
土蔵は、主屋の南側に東西2棟が残っています。うち、東土蔵は、改修復原工事によって享保3年(1718)の棟札が発見され、遺構の中で一番古い建物であることが判明しました。

本陣

主屋
旅籠屋「清明屋」は本陣の東に隣接して建っています。表構えは、1階が大戸、蔀、2階は全面出格子とする典型的な旅籠屋建築の形態を持っています。2階部分があるのは東海道に面したミセの間等の上部のみです。
現在の建物は解体修理の結果、文化14年(1817)に建てられたものであることが分かりました。

旅籠屋「清明屋」(はたごや・せいめいや)は、江戸時代後期から明治まで二川宿で旅籠屋を営んだ倉橋家の遺構で、改修復原工事により主屋・繋ぎの間・奥座敷等を江戸時代の姿に復原し、一般庶民の宿であった建物を平成17年4月29日より一般公開しています

主屋(ミセの間)
ミセの間は、街道に面しており板の間になっています。荷物置場や帳場として使われていました。

主屋(ウチニワ)
奥への通路として土間になっています。ウチニワにはかまどがあって炊事が行われました。

主屋(下湯殿)
旅籠屋「清明屋」には上下2ヶ所の湯殿がありました。二川宿本陣の湯殿は桶に沸かしたお湯を入れる方式ですがこちらは炊く方式です。

主屋(繋ぎの間・奥座敷)
手前から奥の間、繋ぎの間、その奥一段高くなっているのが奥座敷です。奥座敷は主屋の最奥部にあたり、床の間と入側が付いています。本陣の東隣にあることから、大名行列の宿泊時には、家老などの上級武士の宿泊所にもなりました。

二川宿本陣資料館

二川宿本陣資料館

本陣ほんじん)というのはもともと戦場において大将の位置する本営のことを言ったものだったが、それが、武将の宿泊する所を指すようになり、宿場大名旗本、幕府役人、勅使、宮、門跡などが使用した宿舎の名となった。 本陣を勤める者は宿役人の問屋や村役人の名主などを兼ねている者が多く、そこの主人は苗字帯刀を許され、門や玄関、上段の間等を設けることが特権のようになっていた。しかし、原則として一般の者を泊めることはできず、大名が泊まることもそう多くはなかったので、江戸時代も後期になると経営難に陥る所も少なくなく、他の仕事を兼業している場合もあった。