(6)藤沢 ⇔ (0)日本橋
衛星写真 (30)舞阪、荒井、白須賀、二川、(34)吉田
旧国名を表示する

米の単位

米の単位を開く

江戸時代の時間

江戸時代の時間

江戸の物価

江戸の物価を開く

江戸時代の貨幣

江戸時代の貨幣のサイトを開く

吉田宿(よしだじゅく) は、江戸時代に設定された東海道五十三次江戸側から数えて三十四番目の宿場である。現在の愛知県豊橋市中心部に相当する。

慶長6年(1601年)の伝馬朱印状があり、東海道が設定された当初からの宿場であった。江戸の日本橋より西方73(約287キロメートル)に位置し、東の二川宿とは1里20(約6.1キロメートル)、西の御油宿とは2里20町(約10.5キロメートル)離れており、町並は23町30(約2.6キロメートル)の長さがあった。吉田藩の所領であり、吉田城城下町と湊町(吉田湊、船町)を合わせた宿場町であった。表町12町と裏町12町の計24町で宿を構成されており、本陣が2軒、脇本陣が1軒、旅籠は65軒あった(1802年)。戸数は約1000軒で人口は5,000から7,000人ほどであった。本陣のあった札木町(豊橋市札木町)は吉田城大手門のそばにあり、また人馬継立の問屋場もあった(現在のNTT西日本三河支店のあたり)ため、中心として賑わった。

街道は東から吉田城東惣門(豊橋市立八丁小学校の南東あたり)の南を通過、吉田城の総堀に沿って続き、吉田城西惣門西側を北上し吉田大橋(現在の豊橋(とよばし))へとつながっていた。軍事上の観点から曲がり角が多く作られ、曲尺手町(豊橋市曲尺手町)として名前にも残っている。吉田城内にあった吉田天王社(吉田神社)で開かれる例祭(祇園祭)において上げられた花火は、吉田の花火として江戸時代全国的に非常に有名で、現在でも行われている他、手筒花火発祥の地としても知られる。また飯盛女が非常に多かったことでも知られ、「吉田通れば二階から招く、しかも鹿の子の振り袖が」などのうたが広く知られている。

街道は現在も旧東海道として道が残っている(国道1号の南側を平行している)。また、吉田城は一部遺構を残しているが、そのほかは豊橋公園として整備され、美術博物館と野球場や市役所がある。

明治時代には宿場町に近い渥美郡花田村(現在の豊橋市花田町)に豊橋駅が建設され、吉田宿周辺は都市として発展をすることができた。

歌川広重 保永堂版より「吉田・豊川橋」
豊橋(明治12年に竣工)を、明治末に撮影
大正5年(1916)7.13の豊橋鉄橋の、竣工渡橋式の様子を記念した絵葉書と思われます。
旧吉田城 明治6年に焼失。幕末に撮影された写真を元に、作られた絵葉書と推定されます。

永正2年(1505)今川氏の被官であった一色城(豊川市牛久保町)城主の牧野古白によって構築され、今橋城と呼ばれていました。以来、東三河の要衝であった今橋城は、今川、武田、松平(徳川)ら戦国武将の激しい攻防を経て、吉田城と改称されました。
永禄8年(1565)、徳川家康は今川氏の東三河における最大拠点であった吉田城を攻略し、ここに酒井忠次を置きました。天正18年(1590)豊臣秀吉により家康が関東移封となってから、池田輝政が入城し、15万2000石の城地にふさわしい拡張と城下町の整備が行われましたが、未完成のまま明治に至りました。
現在は豊橋公園として整備され、昭和29年に復元された隅櫓をはじめ、美術博物館やスポーツ施設などがあり、市民の憩いの場となっています。

吉田宿

吉田宿は譜代大名の
城下町。
吉田城は、豊川に
面しており、吉田湊は
三河最大の湊だった。

喜多さんよ、今この城は
修理中だね。

「吉田通れば二階から
招く・・」
千姫も可哀相だね。
城なんたって、牢屋だな。

俺ちゃ、偉くなくて
幸せって、いうもんだ。

池田輝政

池田 輝政いけだ てるまさ)は戦国時代末期から江戸初期にかけての武将・大名。姫路城を現在残る姿に大規模に修築したことで知られる。

経歴

池田恒興の次男として尾張国愛知県西部)に生まれた。織田信長に仕え、1579年(天正7年)の花隈城攻略の時には、その活躍ぶりから信長より感状を授けられた。本能寺の変後、父兄と共に羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に仕える。

1584年天正12年)の小牧・長久手の戦いで父・恒興と兄・元助が戦死したため、家督を相続した。その後も佐々成政征伐など秀吉の主要な合戦の大半に従軍し、三河国吉田愛知県豊橋市)に15万2000石を与えられた。恒興の戦死後は準・豊臣一族として遇され、羽柴侍従の称号を授かっている。また、秀次事件に際しても輝政の妹である秀次の正室・一の台は助命され輝政の元に送り返されるなど丁重に扱われた。 一般には一貫して輝政であったように言われているが、吉田城主時代の名は照政である(照の字に注意)。1594年、秀吉の仲介によって家康の娘・督姫を娶る。

秀吉没後は家康と懇意になり、1600年(慶長5年)に五奉行石田三成らが家康に対して挙兵すると、福島正則とともに関が原の戦いの前哨戦となった岐阜城攻略に参加し、戦後には姫路に大領を与えられた。そして名を輝政に改めた。その後は姫路城を大規模に改修している。

家康の娘婿であり、さらに播磨から備前などに100万石近い大領を領したということもあって、「播磨宰相」・「姫路宰相」・「西国将軍」とまで称された。この家康の娘との縁組は池田家の家格を大いに引き上げ、江戸期のみならず明治期に至ってなお池田家が繁栄する基盤となった。

1613年に姫路で急死する。享年50。輝政の死は世間では秀吉の呪いとも噂された。

福島正則

福島 正則ふくしま まさのり、は安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名

生涯
清洲城主
現在の愛知県海部郡美和町出身。幼名は市松。父は福島正信。母は豊臣秀吉の叔母だったらしい。その縁から幼少より秀吉に仕え、1578年(天正6年)に播磨三木城の攻撃で初陣を飾る。山崎の戦いの軍功で500石を知行し、1583年(天正11年)、賤ヶ岳の戦いのときは一番槍・一番首として敵将拝郷家嘉を討ち取るという大功を立てて賞され、賤ヶ岳の七本槍の中でも突出して5000石を与えられた(他の6人は3000石)。その後も秀吉の主要な合戦の多くに参戦し、1587年(天正15年)の九州征伐ののち、伊予国今治11万石の大名に封ぜられる。文禄の役では忠清道で兵站奉行と補給路の警備にあたり、1595年(文禄4年)尾張国清洲に24万石の所領を与えられた。

関ヶ原の戦
しかし武勇に優れた正則は、文治派の石田三成らと朝鮮出兵を契機としてその仲が一気に険悪になり、1599年(慶長4年)の前田利家の死後、朋友の加藤清正と共に三成を襲撃するなどの事件も起こしている。この時は徳川家康に慰留され、襲撃を翻意したが、その経緯から家康の昵懇大名の一人となる。

また、姉の子で正則の養子になっていた福島正之と、家康の養女満天姫との婚姻を実現させた。これは、諸大名の私婚を禁じた秀吉の遺命に反するものだったが、正則はこの婚姻こそが、豊臣・徳川の将来の和平に繋がると確信していた。

1600年(慶長5年)の会津の上杉討伐には6000人を率いて従軍。その途中、上方で石田三成が挙兵した報を受けての小山評定では、家康の意を受けた黒田長政にあらかじめ懐柔されていた正則が三成挙兵に動揺する諸大名の機先を制して、いち早く家康の味方につくことを誓約し、反転して西上する方針が決定する。清洲から美濃方面に進軍し、西軍織田秀信の守る岐阜城攻めでは先鋒大将として一日で城を陥落させる。関ヶ原の戦い本戦では、石田勢との対陣を希望したが、宇喜多勢1万8000にあたることになる。宇喜多秀家の侍大将明石全登は勇将で、福島勢は一時退却させられたが、執拗に攻勢を加え、やがて宇喜多勢を壊走させた。だが福島勢の犠牲も少なくなかった。こうして東軍の勝利に貢献第一と目された正則は、総大将毛利輝元からの大坂城接収にも奔走し、戦後安芸広島と備後鞆49万8200石の大封を得た。

豊臣恩顧の徳川大名 1601年(慶長6年)3月に芸備に入封した正則は早くも領内を巡検するとともに、検地で石高の再算出を行った。家臣への知行割も事実上の給米制とし、検地の結果を農民に公開した上で実収に伴った年貢を徴収して負担を少なくするといった善政を布き、意外な地方巧者ぶりを発揮している。また領内の寺社の保護にも熱心であり、1602年(慶長7年)には厳島神社の平家納経を修復させたことが知られている。この治世で、除封直前の石高は51万5800石に達している。

1604年(慶長9年)からの江戸幕府による諸城修築の動員に参加して忠勤に励む一方、豊臣家を主筋に立てることも忘れなかった。1611年(慶長16年)3月に家康が秀頼に対し、二条城での会見を迫った時には、いまなお豊臣家が主筋と自負して強硬に反対した淀殿を加藤清正や浅野幸長とともに説得し、秀頼の上洛を実現させた(ただし正則自身は病に倒れて会見に同席できず、枚方から京の街道筋を1万の軍勢で固めて変事に備えたのみだった)。

この会見以後に清正や浅野長政・幸長父子、池田輝政といった朋友の豊臣恩顧大名が相次いで死去し、正則自身も1612年(慶長17年)に病を理由に隠居を願い出る。それも許されずに飼い殺しの状態に置かれた正則は、大坂の陣では秀頼に加勢を求められても拒絶し、大坂の蔵屋敷にあった蔵米8万石の接収を黙認するに留まった。これを知った幕府には東軍への従軍も許されず、江戸留守居役を命じられた。豊臣氏の滅亡を機に、羽柴姓も捨てた正則は、ひたすら幕府への恭順を余儀なくされる。

晩年の悲劇
家康死後まもなくの1619年(元和5年)、広島城を無断で修理したことが武家諸法度違反に問われる。江戸参勤中の正則が謝罪し、修繕した部分を破却するという条件で一旦は沙汰止みになったものの、破却が不十分であることを再び咎められ、安芸・備後50万石を没収、信濃国川中島4万5000石に減封される。

これは豊臣大名を警戒する幕府の統制策とする理解が一般的だが、最近では改易の理由が、破却の程度についての幕府と正則の認識のズレにあったという説も提示されている。最終的に改易を強行したのは将軍秀忠だが、土井利勝や本多正純ら幕府首脳はむしろ、正則の改易が諸大名の反抗に繋がることを恐れ、処分に及び腰であった。

翌1620年(元和6年)に嫡男・福島忠勝が早世したため、正則は2万5000石を幕府に返上した。1624年(寛永元年)、同地で死去。この際、家臣が正則の遺体を幕府の使者が到着する前に火葬した為、福島家は残りの2万石も没収され、後を継いだ正則の子・正利は3000石の旗本に身分を落とすこととなった。

加藤清正

加藤 清正(かとう きよまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名肥後熊本藩の初代藩主。

生涯
織田家臣時代

1562年、尾張の土豪である加藤清忠の子として尾張国愛知郡中村(現在の(愛知県名古屋市)に生まれる。父の清忠は清正が幼いときに死去したが、母・伊都が豊臣秀吉の生母である大政所の従姉妹(一説には妹)であったことから、血縁関係にあった秀吉に仕え、天正4年(1576年)に170石を与えられた。

豊臣家臣時代

天正10年(1582年)に織田信長が死去すると、清正は秀吉に従って同年の山崎の戦いに参加した。その後、秀吉が次の天下人として台頭し、秀吉と対立する柴田勝家との間で天正11年(1583年)に賤ヶ岳の合戦が起こると、清正は賤ヶ岳の七本槍の一人として敵将・山路正国を討ち取るという武功を挙げ、秀吉からその武功を賞されて3000石の所領を与えられた。

天正13年(1585年)7月、秀吉が関白に就任すると同時に、従五位下、主計頭に叙任する。天正14年(1586年)からは秀吉の九州征伐に従い、征伐後に肥後に入った佐々成政が失政により改易された後の天正15年(1587年)、肥後の半国、およそ25万石を与えられ、熊本城を居城とした。このとき、肥後半国と讃岐とどちらかを選べと言われ、肥後を選んだという逸話がある。肥後における治績は良好で、田麦を特産品化し南蛮貿易の決済に当てるなど、世に知られた治水以外に商業政策でも優れた手腕を発揮した。

文禄元年(1592年)からの文禄・慶長の役では、朝鮮へ出兵する。文禄の役では朝鮮二王子(臨海君順和君)の生捕りや、オランカイ(現在の中国東北部)への威力偵察など、数々の功を挙げた。

しかし慶長元年(1596年)、石田三成と明との和睦をめぐって意見の対立が生じ、それが元で秀吉の勘気を受けに戻される。しかし後に許された。慶長2年(1597年)からの慶長の役では、小西行長と共に先鋒となり全羅道攻略、蔚山城の戦い楊鎬の大軍を防ぐなど活躍し、朝鮮の民衆から「鬼上官」といわれた。朝鮮では五奉行の石田三成や小西行長ら、文治派と呼ばれる一派と対立する。なお、朝鮮出兵中に退治をしたという伝承が残る。また、セロリを日本に持ち込んだとされており、セロリの異名の一つが「清正人参」である。

関ヶ原から江戸時代

慶長3年(1598年)に秀吉が死去すると、五大老徳川家康に接近し、家康の養女を側室として娶った。

そして慶長4年(1599年)3月に前田利家が死去すると、福島正則浅野幸長ら6将と共に三成暗殺未遂事件を起こした。しかし、家康に慰撫されて暗殺は失敗する。

慶長5年(1600年)に三成が家康に対して挙兵した関ヶ原の戦いでは九州に留まり、黒田如水に同調、家康ら東軍に協力して小西行長の宇土城立花宗茂柳川城などを攻略し、九州の西軍勢力を次々と破った。役後の論功行賞で、肥後の小西行長旧領を与えられ52万石の大名となる(なお小西行長が居城とした宇土城は慶長17年(1612年)破却された)。

慶長10年(1605年)、従五位上、侍従・肥後守に叙任される。慶長15年(1610年)、徳川氏による尾張名古屋城の普請に協力した。

慶長16年(1611年)3月には二条城における家康と豊臣秀頼との会見を取り持つなど和解を斡旋した。しかしその後、帰国途中の船内で発病し、6月24日に熊本で死去した。享年50。

墓所:熊本市花園の発星山本妙寺の浄池廟。また、山形県鶴岡市丸岡の金峰山天澤寺。さらに、東京都港区白金台の最正山覚林寺(清正公)に位牌。なおまた、東京都大田区の長栄山大国院池上本門寺にも供養塔。奉斎神社:熊本市本丸鎮座の加藤神社。