(6)藤沢 ⇔ (0)日本橋
衛星写真 (52)草津、(53)大津、京都三条大橋
航空写真 大津
旧国名を表示する

米の単位

米の単位を開く

江戸時代の時間

江戸時代の時間

江戸の物価

江戸の物価を開く

江戸時代の貨幣

江戸時代の貨幣のサイトを開く

宿場町と琵琶湖の物資が集散する港町の機能を併せもった大津宿は、東海道五十三次の宿場の中でも最大の人口を有し、大変にぎわいました。いまもその名残をとどめる史跡に多く出会えます。

大津市旧東海道の町並

大津の歴史は古く奈良・平安時代から東海道・北国街道・琵琶湖水運の重要な港だった。
特に北陸や出羽など日本海側の諸国から奈良京や平安京に送られる物資は敦賀や若狭の小浜で陸揚げされ、山越えして湖北の海津や塩津から琵琶湖水運で大津港まで運ばれ、奈良や京都に陸送された。
また、豊臣秀吉により大津百艘船が組織され、独占的な水運により更に大津に繁栄がもたらされた。この琵琶湖水運は、西廻り航路が開発され、北前船が定着する江戸時代中期までは盛況を極め、大津の港は大いに潤った。関ヶ原の戦いの前哨戦だった大津籠城戦で大津城や大津の町は全て焼けてしまったが、城は膳所に移され大津は城下町から商業都市として生きることになった。

東海道の整備で大津の地子(土地の税金)が免除されるなどして、住民の帰還が図られ、宿場町として重要な役目を担うことになった。
経済都市大津町の繁栄ぶりは元禄10年(1697)の「淡海録」によれば、元禄年間(1688〜1704)には町数100・家屋4,726軒・人数17,810人である。この頃が一番繁栄していたようで、以後、正徳4年(1714)家数3,015軒・17,568人。天明3年(1783)14,950人。天保期(1830〜44)家数3,650軒・人数14,892人と家数・人数共に減少しているが、天明・天保の飢饉の後でも15,000人近い人数を擁する大都会であった。
湖岸に沿う浜通りには幕府・諸大名・旗本の蔵屋敷が立ち並び、米問屋を中心に酒・油・薪炭・魚貝の問屋街ができていた。中町通りには日用品の、京町通り(東海道)には近郊農村相手の商店街、札の辻から南の逢坂の関に向かう八町筋には本陣2軒や脇本陣1軒、200軒近い旅籠が軒を並べていた。
大津宿内町並は東西16町余・南北一里余で、宿機能の中心地の札の辻から北国街道(西近江路)が分岐していた。
繁栄を誇った大津町も西廻り航路が定着してからは、湖上水運が後退し経済的な地位は低下していった。
東海道大津宿では、大津絵や算盤が名産として売られ、大津町衆の富力を示すものに、大津祭り(四宮祭り)がある。京都祇園祭りと同じように山車14基が豪華絢爛な飾り付けで巡行するもので、明暦2年(1656)にはほぼ現在の形になったと言われている。
今、京町通りの旧東海道筋を歩くと、伝統的な古い建物は殆ど残っておらないが、宿場町であった名残は色濃く残っていて、数は少ないが江戸末期から明治にかけて建てられたと思われる建物が少し散見される。
かって宿場の中心、札の辻から南の逢坂の関の間の八町筋には本陣・脇本陣・旅籠が軒を並べていたのだが、今は全くその面影がなくなっているのが惜しまれる。


三井寺町の旧北国街道の町並

中央一丁目の旧東海道筋の町並

中央二丁目の旧東海道筋の町並

京町二丁目の旧東海道筋の町並

左側京町二丁目・右側中央二丁目の旧東海道筋の町並

松本二丁目の旧東海道筋の町並

【大津事件とニコライ】

和田光平氏談

事件の全貌については「ニコライ遭難」吉村昭著(1993.9 岩波書店)に詳しい.

ずっと後年,この事件の遺品の座布団が思わぬところで注目されることになった.
その話を 「ブルー・ブラッド 」山下丈著(1995.11 筑摩書房)で知った.
ソヴィエト崩壊で,長らく闇の中に放置されていた皇帝一家の遺体が,発掘されサンクト・ペテルブルグの寺院に再埋葬されることになったのだ.
1995年3月のことであった.
その際,皇帝の遺体確認にあたって,本人の血液が必要になった分けだ.

大津といえば 明治24年(1891)5月11日,この地で起きた大事件があった.
最後のロシア皇帝ニコライ二世が皇太子時代,来日中,琵琶湖周遊の観光の後であった.
人力車で京都まで帰る途中,警備側の警察官に,大津市中でで斬りつけられたのだ.
額に傷を負ったが幸い命には別状なく,最悪の事態は回避できたが,当時の首脳は真っ青になったことだろう.
犯人津田三蔵から,皇太子の命を守ったのは二人の車夫であった.
この事件で,皇帝が使ったハンカチと座布団には血痕が残っていて,今も大津に保存されているそうだ.

1918年7月,皇帝ニコライ二世とアリックス皇后一家は,エカテリンブルグという所で,深夜赤軍の手で全員銃殺され近くの廃坑に埋められた.
しかし9人の遺体の内どれが皇帝一家5人のものか,はっきり特定できない状態だった.
遺体の運搬中、娘の誰かがまだ生きていて声がしたと,その夜立ちあった赤軍兵士のひとりが証言している.
 果たして皇帝一家は全員死亡したのだろうか?
末娘、皇女アナスタシアは生きていたかもしれない.
いつの時代にも共通した人々の願い,ロマンを増幅させる出来事がドイツで起こった.
 悲劇の夜からまだ遠からぬ1920年2月17日の夜、ベルリンのベントラー橋からひとりの若い女性が川に投身自殺を計り,辛くも救助された.
 彼女は半ば失われた記憶を追想し,自分がアナスタシアであるとドイツ語で語り始める.皇族でしか知り得ないような事柄を、この謎の女性は思いだす.

やがて面会にきた各国の王族が,歩く姿や身長はアナスタシアに似ていると証言したりして、一時は騒然となった.

 やがてこの事件は忘れられていたが,1927年になって彼女の顔写真が新聞にでると,知り合いだと名乗る人物が表れた.
その人物の証言では,彼女は1920年2月15日に我が家から失踪した下宿人で、女工をしていた女性だということだった.
この線から、たどって女工の弟が見つかった.
彼は法廷で,確かに貴方の姉かと問われ,確認のサインを求められたが,姉に似ているが間違いかもしれないと答えた.
それから半世紀に渡るアナスタシア裁判が行われた.
新聞はその可能性の高さを書き続けたが,1956年の一審で彼女の訴えは棄却された.
おりしもこの話を元にした映画「追憶」(1956)が封切られ,イングリッド・バーグマンが,アカデミー主演女優賞に輝いた.
あたかもアナスタシアのようにハリウッド王国から追放されていた女王が,この一作で蘇った.
映画の影響もあって世論は再びアナスタシア生存支持で沸騰した.
 だが,その後も裁判は続き,1970年最終的にベルリン法廷で,彼女は皇女アナスタシアとは特定できないとの結論が再度出された.
 それでも支持者は,アナスタシアでないことも特定できなかったのだと譲らなかった.
 1984年,彼女は亡くなり遺体は遺言により火葬され,アナスタシア事件は永遠の謎になってしまった.かに見えた.

意外にもこの事件の謎はDNA鑑定技術の確立によって解決された.
 再埋葬されることになったニコライ一家の遺体を,埋葬前にDNA鑑定することになったのだ.
この件ではアリックス皇后と血のつながりのあるエリザベス女王も、深い関心を持ち,自国の医学者に探求を依頼した。
(アリックス皇后はヴィクトリア女王の孫娘にあたる)
 かくしてイギリス,アメリカ,ドイツの法医学者が血液鑑定にしのぎを削ることになった.
前述のように,アナスタシアと名乗った女性はすでに火葬されていたのだが,生前にドイツで外科手術をしていて,その折の臓器組織標本が病院に残されていたのが決め手となった.
アナスタシアと名乗った女性の血液鑑定は英国王室の血や,大津事件の遺品座布団の血まで動員して行われ,1994年9月末,明白な結論が出された.
彼女の正体は1927年の段階の証言通りだった.
彼女はドイツの貧農の娘で1920年2月15日に失踪した女工,フランツィスカ・シャンツコウスキーと特定された.

それでは,本物のアナスタシアはどうなったのか?
これで全ての謎が解明されたのではなかった.
発掘された5人の遺体の内,17歳の少女と特定できる遺骨はなかったのだ.
そして今もアナスタシアは永遠の謎であり続けている.

【逢坂山】

さねかずら マツブサ科(モクレン科とも)の蔓性常緑低木。夏に黄白色の花が咲き、秋に赤い実が成る。茎の粘液は鬢付油の材料となり、美男葛(びなんかずら)とも呼ばれる。実は薬用。

絵は逢坂峠北方、長等山の三橋節子美術館から
大津宿

琵琶湖を渡った
荷物は、牛車に
積み替えら
京都に向かう。

茶屋前の井戸は
湧き水の「走り井戸」


喜多さん、俺はもう
ばてたぜや。

しかし、三条まで一息。

はいずっても
ゴールまで、がんばれ。
大津絵を売る店
『山路来て何やらゆかし菫草』